FC2ブログ

ママチャリで行こうぜ

ガテン系弁護士の戦いの記録

認知をめぐる争い


 どうも、公営のプールに遊びに行った際、帰りになぜかパンツが見つからず、水着の上に半ズボンをはいて帰ったら、自宅の洗濯機の中でその日はいていったはずのパンツが見つかるという超常現象の片鱗に触れたあの夏を思い出して、しんみりしている40歳目前の僕です。てか、はいてなかったのかよ。

 本日は、認知をめぐる争いについてお話したいと思います。

 男女トラブルは多くご相談いただいておりますが、その中でも多くの数を占めるのが、認知を請求したいといった相談や認知を求められているという相談です。
 当事者が独身同士であれば、比較的シンプルとも言える類型ですが、既婚者が関わる場合には慰謝料請求の話や離婚の話なども絡むことがあり、複雑化していくことがあります。
 本日は、当事者が二人とも独身であったケースについてお話します。

 まず、よくいただくご質問ですが、認知の請求(女性からの)はいつから出来るのかという点ですが、これは胎児段階(出生前)でも可能です。
 生まれてくるお子さんの身分の安定を可能な限り図るのであれば、胎児段階において認知を求めるということが考えられます。
 ただ、後に述べる出生後に認知を求める場合と異なり、話し合いで求めても相手方認知をしないときは調停を申し立てることはできるのですが、この調停で相手方が認知をすることを拒むと、いわゆる審判をもって強制的に認知をさせるということはできないという点に特徴があります。
 この場合には改めて出生後に認知を求める必要がある訳です。
 
 次に、出生後に認知を求める場合ですが、この場合でもまずは話し合いからスタートするのが通常でしょう。
 話し合いで認知することに決まれば、認知の届を出すことで手続は終了します。
 他方、話し合いがまとまらないときは、やはり調停を申し立てる必要があります。
 出生後の調停においては、出生前の調停と異なり、裁判所は相手方が認知を拒否しても、審判で強制的に認知をさせることができます。

 ただ、ここでも注意が必要になります。
 DNA鑑定を用いてほぼ100%生物学的な親子関係を確認できるのであれば問題はないのですが、DNA鑑定に相手方が協力してくれないときは、鑑定以外の方法をもって親子関係の存在を裏付けなければなりません。
 ここにDNA鑑定を拒否する相手方も多く、他に何ら証拠がないとなると、ここで手続が頓挫してしまい、訴訟に拠らざるを得ない可能性が出てきます。
 続く訴訟でも究極的に言えばDNA鑑定に協力する義務は相手方にはなく、一切を拒否されると(調停にも訴訟にも出頭してこないというケースもあります)、やはり鑑定以外の方法で親子関係を裏付けなければならないのですが、これは簡単ではありません。

 このように客観的に生物学的な親子関係があることが確認できれば強制的に認知を求めることができる場合があるのですが、そうでない場合にはいくつか越えるべきハードルがあることに注意が必要でしょう。

 過去に経験したケースでは協議も無視、調停も無視、訴訟にも一切出廷せずという事案がありました。
 認知請求となると、出生からかなりの時間が経過しているケースも多く(過去に日本で就業していたフィリピン国籍の女性が、当時交際していた日本人の男性に10数年経過した後に認知を求めるというケースを多くお受けしております)、証拠が少ない、記憶が曖昧である、相手方の所在が分からない、相手方が結婚しているため状況が複雑であり、スムーズに話が進まないという壁にぶつかることも多くあります。

 パートナーと結婚していれば問題はありませんが、未婚のうちに妊娠をしたときには、速やかにご相談ください。
 証拠を収集しながら、出来る限り早期に交渉を行い、お子さんの身分安定のために戦わせていただきます。

  1. 2018/08/17(金) 15:07:25|
  2. 男女トラブル
  3. | コメント:0

リベンジポルノとの戦い


 どうも、酔っぱらうと〆のラーメン屋で全部乗せの大盛りを注文してしまう40歳目前の僕です。
 20代の頃からの習慣が出てしまうのでしょうね。
 食べてる途中で我に返り、苦しみながら食べるラーメンの辛いこと。

 さて、本日はリベンジポルノとの戦いについてお話したいと思います。

 男女トラブルについてのご相談を受ける中で、メインはお金を返して欲しいといった内容や、家から出て行って欲しい、一切連絡しないよう追っ払ってほしいという内容だったりするのですが、実は…という形で併せてご相談いただくことが多いのが、パートナーの持っている性行為時の画像や動画を削除してもらいたいという相談です。

 交際期間中に軽い気持ちで撮影に応じてしまったために、関係解消後にその画像や動画データの存在が気になるという方は多いようです。
 データとなると複製が極めて容易ですから、削除したとパートナーが話していても、どこかにデータが残っているのではないかと不安にはなりますよね。
 また、仮にデータがネット上に出回ってしまうと、事実上、全面回収は不可能ですし、いつまでも不特定多数人の目に触れ得る可能性がある訳で、その影響を考えれば、さらに不安になってしまうかと思います。
 そんな不安を見抜いてか、相手方から「要求に応じなければ、データをばら撒く」といった悪質な不当要求を受けているケースもあります。

 さて、相手方の保有する画像データを削除させることは法的に出来るのでしょうか。

 厳密に言えば、撮影されることについては承諾をしており、その限りでは自己の利益(肖像の利益など)を制限されることに承諾しております。
 ただ、それをいつまで保存するかという点については、極めて私的な内容であり、交際関係を有する間に限るという前提があると考えるべきかと思います。
 そのような理屈からすれば、交際関係の終了時に、自身の画像データについて削除をするよう請求することができるかと思います。
 もちろん、撮影と一定期間保存することへの承諾と考えられますから、ネットでの頒布については当然承諾しておらず、そのような行為をされれば、肖像の利益等の侵害により損害賠償をすることができるでしょう。

 上記のように理屈をくみ上げることはできるかと思いますが、それで解決かと言えば、実際は簡単ではありません。

 まず、削除を申し入れても、無視をするような相手もおります。
 また、削除したと口頭で報告するだけで、実際に削除されたのか確認できないケースもあります。
 さらに、目の前でスマホやデジカメなどから削除させたとしても、コピーされたデータがどこかに残っている可能性は否定できず、確実に安心できるまでには至りません。
 安全弁として、合意書を作成し、全てのデータを削除したことを確認する旨及びデータが見つかった場合には削除する旨の条項を設けたり、拡散した場合の損害賠償の予定をするようなこともありますが、一度出回ってしまえば、事後的な対処をもってしても、被害を食い止める有効な手段とはなり得ません。

 以上のとおり、データを作成し、それを相手方が自由にできる状況が一度作られれば、100パーセントの安心を手に入れることは不可能であると言わざるを得ないでしょう。

 結論としては、安易に性行為時の画像や動画の撮影を許諾しないことです。
 もし半ば強引に撮影されてしまった場合には、速やかに代理人等を通じて削除を求めるべきでしょう。
 隠し撮りされたという場合であれば、状況によっては、刑事罰の対象となる行為になります。
 自身の権利を守るため、出来れば未然に、仮に侵害された場合でも速やかに対処することでリスクを抑えることができるかと思います。

 パートナーが相手となると、どうしても断り切れないといった状況もあるのかもしれませんが、本当にこちらを大事に思ってくれているのであれば、きちんと話せば理解してくれるはずです。それでも強引に撮影をしようとする相手ならば、そもそも関係を継続すること自体を考え直したほうがいいかもしれませんね。

  1. 2018/08/11(土) 23:05:00|
  2. 男女トラブル
  3. | コメント:0

男女トラブルの予防


 どうも、サウナが大好きで、いつか自宅にサウナを作り、朝晩飽きるまで入りたいと考えている40歳目前の僕です。
 僕の好きなサウナの種類はドライサウナです。
 最も体に負担があるような気がしますが、それがいい。
 ヨモギのミストがもくもくのミストサウナも好きなのですが、ドライサウナのマッチョぶりにはやはり勝てないでしょうな。

 さて、本日は男女間において、後にトラブルになった場合に面倒になるため避けておいた方がよいことについてお話したいと思います。

 誰も交際関係がうまくいっている時に、パートナーとその後トラブルになるかもしれないなどと考えることはしませんよね。
 そして燃え上がる関係であれば、パートナーのために出来ることを何でもしてあげたい、そう思うのも自然なのかもしれません。
 ですが、全ての交際関係がうまくいく、または終わりを迎えたとしても、何らトラブルにならずに解消されるという訳ではありません。
 中には交際解消のタイミングで大きなトラブルに発展することもあるのです。
 そんなトラブルを可能な限り避けるために、どのような点に注意しておいたほうが良いのか、以下挙げていきたいと思います。

①パートナーのために自分の名義で携帯電話の契約をする

 意外と多いのが、携帯電話の契約です。
 自分はブラックリストに載っていて携帯電話の契約ができない…といった話をされ、パートナーのために自分の名義で携帯電話の契約をしてしまう方が結構いらっしゃいます。
 関係がうまくいっている時は、毎月の料金を支払ってくれるが、関係が悪化した時には一切支払いがなくなる、また、関係解消した後も使い続けて、費用を払わないといったケースがいくつもありました。
 もちろん、契約を解約すればいいのですが、スマホの本体代金などを引き続き払わなければならなかったり、違約金が発生したりと大きな経済的負担を抱えることになりかねません。
 携帯電話を契約してあげるのは出来る限り避けたほうが良いかと思います。

②パートナーと住むために賃貸物件を自らの名義で契約する

 アパートやマンションをパートナーと住むために借りるという方も結構いらっしゃいます。
 まあ、携帯電話に比べれば、交際相手との同棲であって問題は少ないように思えます。
 ですが、自分が家賃を全て負担するという前提であれば問題も少ないのですが、毎月半分払うという口約束のもとに、相手方の支払を期待して借りると、後に大きなトラブルになる可能性があります。
 関係が悪化した後に半額を払わない、というのであればまだ可愛げがありますが、初期費用も毎月の賃料も一切払わずに我が物顔で居座るという相談を受けることも少なくありません。
 また、関係解消後に、退去するという話をしても応じず、いつまでも居座ろうとするというケースもいくつかありました。
 一つ屋根の下で…と、まあ非常に盛り上がるでしょうが、生活の本拠を一緒にしてしまうと、簡単に動くことはできませんし、動けるとしてもコストがかかります。
 私個人は結婚前の同棲には賛成なのですが、同棲しても問題はない相手であるかについては慎重に見極めるようにしてください。

③お金を立て替える

 パートナーが借金をしているからといった理由や、パートナーの事業がうまくいっていないからという理由で結婚が進まないという話はよく聞くところです。
 もちろん、結婚をすれば相互に責任ある立場になる訳ですから、経済的に厳しい状況となれば、結婚の話が進まないというところも一定程度理解はできます。
 そういった状況を二人で乗り越えようと頑張るのであれば健全なのですが、一方に資力がある場合に、相手方の借金を返済してあげるとか、事業資金を出してあげるということをする場合には注意が必要です。
 交際関係を解消する時になり、出してあげたお金を返せと言っても、すぐに返ってこない可能性があります。
 もちろん、相手方の資力が十分になっていれば返ってくるかもしれませんが、以前と変わらぬ状況にあれば、回収できたとしても時間がかかるでしょう。
 また、貸したお金であれば良いのですが、あげたとなると返してくださいとは原則言えませんし、貸したお金であったとしても、借用書などがなければ、後に言った言わないの争いになりかねません。
 さらに、結婚をちらつかせたうえでお金を出させる結婚詐欺とも言えるような事案も多く存在するところ、交際関係にあるだけで大事なお金を出すことについては、非常にリスクが高いと言えるでしょう。

 交際相手のために何かをしてあげたいという気持ちを否定するつもりはさらさらありません。
 ですが、後に泣く姿を多く見てきた経験から言わせていただくと、もう少しだけでも慎重になっていただきたいと思います。
 何かをしてあげなければ相手が離れて行ってしまう、そんな感覚に不安になる方もいらっしゃるようですが、もしそういう相手だったら、別の方を探したほうがいいかもしれません。
 本当にあなたを大事に思っているのであれば、負担をかけたくないと思うはずですから。

  1. 2018/08/07(火) 21:39:35|
  2. 男女トラブル
  3. | コメント:0

もらったモノを返せと言われたら


 どうも、ドイツ映画を観ると、日本人とツボが似ているのではないかと感じてしまう40歳目前の僕です。
 1997年の作品になりますが『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』という映画が大のお気に入りです。
 ストーリーは「とある病院で余命幾許もないと診断された二人の若者。天国で流行しているという海の話をするために、海を見たことがないルディとマーチンは車を盗み、病院を脱走し海へと走り出した。途中で犯した強盗の罪により警察と車を盗まれたギャングの双方から追われる立場となった二人が海で見たものとは―。」(Wikipediaより)というものなんですが、全編を通じて細かく笑わせておきながら、最後のシーンでむちゃくちゃ心を揺さぶるんですよ。
 観た後は放心状態になりますが、お勧めです。

 さて、本日は、もらったお金や物を返せと言われたらどうするべきかについて話をしたいと思います。

 最近、交際関係を解消した後に相手方から今まで使ったお金を返して欲しいと言われたがどうしたらよいかというご相談をいくつかいただきました。
 現金を直接渡しているケースもありますが、そうでない場合でも、例えば、デート代や旅行代金、プレゼントの相当額などを返せという請求を受けたという内容です。
 中には過去数年にわたるデート代を詳細に記録しており、1円単位まで請求をしてくる相手方もおり、よくまあそこまで記録をしていたなと思うのですが。

 結論から申し上げると、原則、お金を返す必要はありません。
 法的に言えば、贈与契約に該当すると考えられるところ、もらったものは返す必要がないというのが基本的な考えになるからです。

 ただ、中には贈与契約に該当する場合でも、何とか理屈を作りこんでお金の回収をしようと考える相手方もいます。
 時々目にするのが、解除条件付の贈与であったという主張です。
 どんな主張かと言うと、とある約束(条件)を守ってくれるのであればあげるけど、その約束を守ってくれないのであればあげないよ、という主張です。
 たしかに法的にはあり得ない主張ではありませんが、交際関係にあった間柄で、何らかの条件をつけて贈与をするというは不自然としか言いようがありませんよね。
 また、詐欺に該当するからお金を返して欲しいという主張をしてくる相手方もおりますが、詐欺であることは相手方が具体的な内容を特定し、それを証明することができなければならないところ、交際関係のあった間柄で、明確に「詐欺」を証明できるケースはほとんどないのではないかと思います。

 以上のとおり、あげたものを取り戻すというのは簡単ではない訳です。

 昔は、いわゆる夜のお店で相手方に貢ぐなどしたお金を取り戻したい、または逆に、貢がれたお金を返して欲しいと言われたといった相談を受けることはありました。
 キャストとお客さんが本当の恋愛関係になることも0ではないのでしょうが、疑似恋愛の中で入れ込んでお金を払ったお客さんが、目が覚めた時に取り戻したくなり相談に来る…そういったケースは珍しくありませんでした。
 ですが、最近は普通の交際関係にあった当事者でのご相談が増えております。

 中には、理屈上取り戻すことができないということを知りながら、朝から晩まで電話やメール攻撃をしたり、時には手を上げたりするなど、恐喝に該当するような事案もございます。
 
 法的理屈を説明して、相手方が「なるほど」と諦めてくれるケースは少ないように思えます。
 その場合には、弁護士を代理人に立てて、相手方をブロックしつつ、法的観点からの説明を行い、必要に応じて警察への対応を要請するというやりか方必要になることもあります。
 お困りの際にはお金を渡す前に、お気軽にご相談ください。

 請求をしたいとお考えの方、好きな相手であれば何かしてあげたいと思う気持ちは大事ですが、何かをしてあげても対価を求めずに、あげたものはあげたものとして潔く去るなど、格好よく立ち回りましょうね。
 どうしても納得がいかないということであれば、当職にご相談ください。何か出来る余地がないか考えますし、少なくとも愚痴は聞きますよ。

  1. 2018/08/06(月) 11:15:23|
  2. 男女トラブル
  3. | コメント:0

ホストクラブの売掛金について


 どうも、10年ほど前から同じ床屋を利用し続けている40歳目前の僕です。
 今ではオーダーをしなくても、座るだけで店長さんが切り始めてくれます。
 そんな粋な関係を壊したくなくて、いつも普段と違う髪型にしたくでも声をかけられずにいます。
 東日本大震災の時はこの床屋さんにおり、かなりの揺れの中でも店長さんは散髪を続けくれました。プロ中のプロだと思いますが、この時はさすがに机の下にでも隠れさせて欲しかったです。

 さて、本日は、ホストクラブの売掛金についてお話をしたいと思います。

 最近、かなりの件数の問い合わせをいただいているのが、売掛金の額が大きくなってしまった、取り立てが激しくて困っている、といった相談です。

 金額は小さい金額で数十万、大きい金額になると数百万といったご相談もございます。
 どの相談にも共通するのは、取り立てが激しくて参ってしまっているというものです。

 お店によって多少の違いはあるかもしれませんが、掛けについては担当ホストの裁量で受けるか否かを決め、その管理は基本的に担当ホストが行うようです。
 基本的には決められた日までにお客さんが決められた金額を払うことでお話は終わるのですが、これが支払えないとなると担当ホストは給与からの天引きをされるなど、自身が大きな負担を抱えることになるため、必然的に回収に力が入ってしまうわけです。

 そもそもこの売掛金もお客さんが払えるレベルの金額であれば良いのですが、与信調査もそこそこに、担当ホストが売り上げを大きく上げようとすることから、お客さんに無理な掛けを作らせてしまうことが多くあるようです。
 断り切れずボトルを入れられたというケースのほか、明確に断っているにもかかわらず押し切られたり、中には手を上げられたりして高額なボトルを入れさせられるというケースもご相談いただいております。

 後に強迫を理由に取り消すことができればいいのですが、強迫をされたことについて証明する責任はこちらにあるところ、当時の状況を証明することは証拠がないケースがほとんどであり困難です。
 他方、お店側としても、お客さんが任意に売掛金を作ったという点を裏付けるべく、明細書に日付、金額及びお客さんの署名と一筆を書かせるというやり方で、後の争いに備えていることが多いです。

 回収にあたっては、担当ホストが回収する場合、店の責任者が乗り出してくる場合、回収業者が乗り出してくる場合といくつかのパターンがございます。

 ご相談いただくケースにおいては、一部の悪質なケースになるかと思いますが、担当ホストや店の人間が、精算できなければ、実家や職場に行くと半ば脅してきたり(掛けを作る際に、身分証明書の写しを取られたり、実家の住所を教えさせられたりするようです)、中には手を出してくるというケースもあります。
 また、業者がもっともらしい法律論(不正確な内容を伝えているケースが多くあります)をかざし、理詰めで追い詰めて払わせるというケースもありました。

 まず、個人的な債務であるため、職場はもちろん、ご家族も立て替える義務はありません。
 これは知られたくないという心理を利用した、ただの揺さぶりになります。
 次に、業者と聞くと、何か怖い人が来るのではと思うかもしれませんが、同じグループの回収部門であるなど、ただの人です。
 少し場慣れしているため、揺さぶりのかけ方はうまいかもしれませんが、法的に正確な理解のもとに対応すれば恐れる必要はありません。

 お一人で戦うとなれば、不安から追い詰められて無茶な支払いをさせられてしまうかもしれません。
 お困りの際にはお気軽にご相談ください。

 もちろん、正当な飲食代金については逃げることはできませんので、掛けで遊ぶ時には、ご自身の懐と相談のうえ、慎重に判断するようにしてくださいね。

  1. 2018/08/03(金) 16:59:23|
  2. 男女トラブル
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

弁護士 若井 亮

Author:弁護士 若井 亮
若井綜合法律事務所代表弁護士。二児の父。
格闘技と貧乏旅行をこよなく愛し、体力と工夫で戦うガテン系弁護士。
末っ子。

どんな案件でもご相談は初回無料でお受けしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
詐欺被害対策 (10)
恐喝・強要対策 (4)
ストーカー被害 (2)
男女トラブル (6)
刑事事件 (0)
債権回収 (3)
労働トラブル (2)
繁華街でのトラブル (3)
マメ知識 (9)
その他 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR