FC2ブログ

ママチャリで行こうぜ

ガテン系弁護士の戦いの記録

取り立てはつらいよ


 どうも、『時をかける少女』のアニメを観て、次の人生では共学の高校に通いたいなあと本気で考えている40歳目前の僕です。
 私が通っていた高校は大学附属の男子校でした。校風は自由の一言に尽き、特殊な環境で、一か八かの人間を結構な割合で輩出する学校だと思います。見回すと、激しい人生を歩んでいる連中が多いですね。私もその一人ではある訳ですが…

 さて、本日は「取り立ては辛いよ」という話をしたいと思います。

 債権回収にあたっては、相手方の資力が回収可能性に大きな影響を及ぼすことになるという話については、以前も触れたかと思います。
 残念ながら、相手方にきちんと連絡が取れ、こちらの債権の存在を裏付けるだけの理屈と証拠があっても、相手方にお金がなければ回収可能性は著しく低下することになります。
 「お金がないので払えません」と言われてしまうと、本当に困ってしまうんですよね。

 もっとも、皆様からのご相談では、相手方が「お金がないので」と言うばかりで支払ってくれない、どうしたらよいかというものが圧倒的に多くの数を占めています。
 そのような状況で「相手方にお金がないのであれば回収は無理ですね」と話していては、弁護士なんか要らないじゃないかと言われてしまいますよね。
 
 こういった事案を何とかすることはできないか、そう考えて「お金がない」と言われて平行線になった状態の事案を過去に何件かお受けしたことがあります。
 
 こういった事案ですと、借用書や契約書などは手元にきちんとある場合が多いですね。中には公正証書がある事案もありました。
 悪質な債務者となると、公正証書を作ったとしても、資産がなければ(または、資産の在りかさえ押さえられなければ)紙切れに過ぎず、逃げ続けることができると考えているのかもしれません。
 いずれにせよ、請求をするために必要なお膳立てはきちんとできているというケースが多いのです。

 また、電話をかけたり、メールを送ったりすれば、折り返しや返信が遅れることもありますが連絡は取れるというケースも多いですね。
 ただ、連絡が取れても「今はお金がなくて…」という話をされるだけで進展がないことが多いのですが。
 
 こういった事案で、資産の在りかが全く分からないとなると、後は根性しかありません。
 弁済契約書等で定めた弁済期の直前に何度も電話し、支払いの可否や経済状態を嫌というほど具体的に確認します。
 出来る限り裏付け資料を出してもらい、支払いが遅れる場合には、たとえそれが一日であったとしても入金がなされるまで催促を続けます。
 必要に応じて、相手方の自宅を訪問するなどして、定期的に経済状態の把握にも努めます。
 知らぬうちに自転車や車が新調されていたり、家族が増えていたりして、そこで発生した経済的な負担にどう対応したのかということをしつこく聞いていくうちに、今までは見えなかった金脈を探し当てることもあります。
 
 要するに面倒くさい債権者になることが必要なのです。
 債務者も霞を食って生きている訳ではなく、どこからかお金を手に入れて、それを元に生活をしている方がほとんどです。
 お金がないという状態にも様々あり、1円も余裕がないという方はほとんどいません。
 大抵は他に優先すべきものがあると考えており、その優先すべきものにお金を使うために返済に充てることができない(と勝手に思い込んでいる)ケースなのです。
 ですから、いかにして自分の優先順位を上げるかという点を考えなくてはなりません。

 また、大きなお金を貸した方は、一括か数回で返して欲しいという希望をぶつけるばかりで現実をなかなか直視できないという状況にあることがあります。
 大事なお金を貸した訳ですから、おっしゃるところはもっともです。
 また、ご自身にもご都合があるでしょう、一日も早く全額回収したい気持ちになるのは当然です。
 しかし、無理な希望をぶつけても「お金がない」(と思いこんでいる)相手から一気に回収するのは不可能です。
 債権回収の基本は1日でも早く1円でも多くです。
 たとえば少額でも返ってこない期間が長くなれば長くなるほど、回収金額のトータルは下がります。
 コツコツ事あるごとにお金を回収して、どこまで行けるか、そういう勝負であることをまずは自覚する必要があるでしょう。

 さて、面倒くさい債権者になると簡単に書きましたが、回収を経験された方であれば分かるかと思いますが、回収するほうの負担はかなり大きいです。
 毎回のらりくらりとかわす債務者の話に付き合いながら、時に攻め、時になだめ、舐められないように、追い込み過ぎないようにして支払わせるのは並大抵のことではありません。

 もし、お金がない相手からの債権回収に疲れたら、ご相談ください。
 取り立てをしながら、資産に関する証拠を保全し、回収可能性が上がるような事情の変更があれば一気に攻める、という形でお受けすることができます。
 不良債権を抱えることのストレス状況を脱し、限りある時間を楽しく健やかにお過ごしください。

  1. 2018/08/19(日) 16:09:00|
  2. 債権回収
  3. | コメント:0
<<自分に合った弁護士を探す | ホーム | 出会い系サイトでのサクラ被害>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

弁護士 若井 亮

Author:弁護士 若井 亮
若井綜合法律事務所代表弁護士。二児の父。
格闘技と貧乏旅行をこよなく愛し、体力と工夫で戦うガテン系弁護士。
末っ子。

どんな案件でもご相談は初回無料でお受けしております。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
詐欺被害対策 (10)
恐喝・強要対策 (4)
ストーカー被害 (2)
男女トラブル (6)
刑事事件 (0)
債権回収 (3)
労働トラブル (2)
繁華街でのトラブル (3)
マメ知識 (9)
その他 (3)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR